ODBC接続の仕方

 

「街の不動産屋さん.NET」はMicrosoft Accessのレポート機能を利用しています。

「街の不動産屋さん.NET」からAccessのフォーム・レポートを開くためには

SQL Serverへの「ODBC接続」が必要になります。

​そこでODBC接続の手順を以下に説明したいと思います。

「街の不動産屋さん.NET」のメニュー画面から「ツリービュー」を開いて下さい。

初期状態ではこのように何も表示されません。

図1

図2

「街の不動産屋さん.NET」のフォルダを開きます。

図3

「ODBC接続.dsn」のファイルを「メモ帳」で開いて下さい。

図4

メモ帳に接続情報が書かれているのが確認出来ます。

図5

この中の次の3項目を変更して下さい。

◆UID(ユーザーID)

有効な SQL Server ログイン アカウント。 Windows 認証を使用する場合は UID を指定する必要はありません。

◆WSID(ワークステーション ID)

通常は、アプリケーションが実装されているコンピューターのネットワーク名です (省略可)。

◆SERVER(サーバー名)

​SQLサーバーを開いたときに最初に表示される「サーバーへの接続」ダイアログに表示される「サーバー名(S)」です。

図6

図7

再び「ツリービュー」を開きます。

図8

画面上で右クリックして「デザインビュー(D)」をクリックします。

図9

デザインビューに変わりました。

図10

変更し終わったらメモ帳を保存して閉じます。

「すべてのAccessオブジェクト」の中の「テーブル」項目にある

オブジェクトを全て削除します。

図11

削除し終わったらツールバーの「外部データ」をクリックします。

図12

​「新しいデータソース▼」をクリックします。

「データベースから(D)」をクリックします。

「SQLサーバーから(S)」をクリックします。

「外部データの取り込み-ODBCデータベース」ダイアログが表示されますので「リンクテーブルを作成してソースデータにリンクする(L)」を選択して「OK」ボタンを押します。

「データソースの選択」ダイアログが表示されます。

「データソースの場所(I)」がデフォルトでは「ドキュメント」となっています。

「街の不動産屋さん.NET」のフォルダを開いて下さい。

「ODBC接続.dsn」を選択して「OK」ボタンを押して下さい。

図13

図14

図15

図16

図17

図18

図19

図20

 
 
 
 
 
 
 

「テーブルのリンク」ウィンドウが開きます。

「テーブル」の最初から「dbo_T予定表」までを選択します。

「固有レコードの識別子の選択」ウィンドウが開いたら「OK」ボタンを押して下さい。

図21

図22

図23

テーブルの個数分ウィンドウが開きますので連続して押して下さい。

「すべてのAccessオブジェクト」にテーブルがインポートされました。

ツールバーの「フォームビュー」を押してみましょう。

今度はこのようにツリーが表示されていると思います。

図24

図25

図26

図27

人事システム、不動産システムなら

データベースシステム開発  エクセル工房Inage