エクセルでデータベース処理がここまで出来る。


他にはない多機能を誇る顧客管理名簿です。
 

ダウンロードはこちらから
 https://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se338716.html

当ソフトをご使用になっての率直なご感想・ご意見を、是非こちらまでお寄せください。

 

★名簿の画面。

★データ入力フォーム。

フリガナ・住所の自動入力、住所から郵便番号を呼び出す機能、摘要欄にてダブルクリックすると本日の日付が入力されるなど実務上で役立つ工夫がいっぱい。

図1

図2

★官製はがき印刷画面。

図3

★年賀状印刷画面。

得意先宛ての年賀状(暑中見舞い)の作成は重要かつ「退屈」な仕事です。「顧客管理名簿」があれば造作なく半日で済ますことが出来ます。

図4

★長三封筒印刷画面。

各種封筒もらくらく印刷できます。しかも「速達」「請求書在中」などのはんこを押すフォームまであります。

図5

★電話番号検索フォーム。

顧客の確認には電話番号検索を利用して下さい。
電話検索フォームからは顧客カードを印刷することが出来ます。

図6

★データ変更フォーム。

登録内容を変更するためのフォーム。
データ変更フォームからは顧客カードを印刷することが出来ます。

図7

★顧客カードの印刷イメージ。

図8

★送り状の印刷画面。

代表的な4社、ヤマト運輸・佐川急便・ペリカン便・ゆうパックが印刷可能。

図9

★タックシールの作成をしているところ。

図10

★完成したタックシール。

図11

★データを抽出したところ。

抽出できる項目は任意に設定した2つの分類項目・性別・都道府県の4つ。

図12

エクセル工房へ

☆☆☆エクセル・リンクページへ☆☆☆

人事システム、不動産システム、顧客管理システムなら

データベースシステム開発  エクセル工房Inage

 
 
 

「顧客管理名簿」について

                                                                      

Excel工房Inage

  1.名簿シートの各ボタンの説明

    「登録」         新規登録のフォームを表示します。
    「開く」         カーソルのある行を開くためのフォームを表示させます。
    「全て閉じる」     「名簿マスター」以外のシートを非表示にします。
    「送信」         カーソルのある行をOutlookに送ります。
    「並べ替え」       「並べ替え」フォームを表示します。
    「各種印刷」       「各種印刷」フォームを表示します。 
        「電話検索」       「電話検索」フォームを表示します。
        「氏名検索」       「氏名検索」フォームを表示します。
        「抽出」        「抽出」フォームを表示します。
    「印刷」        「印刷」フォームを表示します。
    「初期設定」      「初期設定」シートを表示します。                     
    「抽出解除」       抽出を解除します。
    「保存」         保存します。
    「メルマガ」      「メルマガ」シートを表示します。
    「終了」         終了します。

 2.メルマガ・各ボタンの説明

    「開く」         カーソルのある行のメルマガフォームを表示させます。
    「検索」         キーワード検索フォームを表示させます。
    「名簿」        「名簿マスター」シートを表示します。
    「初期設定」      「初期設定」シートを表示します。

 2.初期設定・各ボタンの説明

    「名簿」         名簿に戻ります。
    「全削除」        ダミーデータを削除します。

 3.「顧客管理名簿」の特徴
   
  ①登録可能データ件数は65,536件。

  ②販売履歴等を記録するための「摘要」を追加しました。

  ③宅急便他の送り状を4種類印刷できます。
    尚、印刷にはドットプリンターが必要になります。

  ④住所録作成マクロを削除し抽出・印刷機能を追加しました。

  ⑤バージョン3.0ではハードユーザー仕様を目指しました。
    郵便番号入力により住所が自動入力されるようにしました。
    アナログ上司対策として(笑)顧客カードの印刷機能を追加しました。
  
    ★カット入りタックシールに印刷なさる場合は、「ヒサゴ WGB861」をご使用願います。

  ※バージョン5.16では、メルマガ配信機能を追加いたしました。
  「メルマガ編集」フォームで「配信」ボタンを押した際に最初はコンパイルエラーが出ると思います。
  その場合は「初期設定」フォームを開き「マクロ一覧」をクリックします。
  表示されたダイアログボックスから「Outlookの参照設定」を選択して「実行」ボタンを押します。
  「OK」ボタンで参照設定がなされ、メルマガの配信が可能となります。
                                  

 

 


 

★「顧客管理名簿」バージョン5.16以降では Microsoft Outlook Object Libraryの参照設定が必要となります。「初期設定」シートを開き「マクロ一覧」をクリックします。開いたダイアログボックスから「Outlookの参照設定」を選択して「実行」ボタンを押します。これで参照設定が完了です。次回からはこの作業は必要ありません。

図13