仕入・売上・在庫管理がこれひとつでオーケー。

アクセス(Microsoft Access)による仕入、売上、在庫の総合管理ソフト

理想的なインターフェイスでらくらく入力。

Windows10、Office2016に対応


ダウンロードはこちらから

https://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se404513.html

CONTACT

★メニュー画面

★仕入入庫伝票入力フォーム

日付のカレンダー入力、ドロップダウンリスト、オートフィルなど入力しやすさを第一に考えた入力フォーム。

図1

図2

★仕入伝票の印刷イメージ

図3

★発注書印刷イメージ

仕入入庫伝票入力フォームからは当該仕入先への発注書が印刷可能。

図4

★仕入帳

仕入入庫伝票のデータから作られる仕入帳。

図5

★仕入帳の印刷イメージ

図6

★仕入帳並び替えフォーム

商品名、仕入先、日付順、伝票番号順で並べ替えるためのフォーム。

図7

★仕入帳抽出フォーム

商品名、仕入先名でデータを抽出するためのフォーム。

図8

★抽出結果

抽出結果はレポート印刷が可能。

図9

★売上出庫伝票入力フォーム

日付のカレンダー入力、ドロップダウンリスト、オートフィルなど入力しやすさを第一に考えた入力フォーム。

図10

★売上伝票印刷イメージ

図11

★納品書印刷イメージ

売上出庫伝票入力フォームからは当該顧客への納品書が印刷可能。

図12

★請求書印刷イメージ

売上出庫伝票入力フォームからは当該顧客への請求書が印刷可能。

★封筒印刷イメージ

納品書・請求書を郵送するための封筒も同時に印刷。

★売上帳

売上出庫伝票のデータから作られる売上帳。

★売上帳の印刷イメージ

★売上帳並べ替えフォーム

商品名、売上先、日付順、伝票番号順で並べ替えるためのフォーム。

★抽出結果

抽出結果はレポート印刷が可能。

★商品受払帳

仕入入庫伝票、売上出庫伝票のデータから作られる商品受払帳。

図13

図14

図15

図16

図17

図18

図19

図20

★商品受払帳印刷イメージ

★商品受払帳並べ替えフォーム

商品名、日付順、伝票番号順で並べ替えるためのフォーム。

★商品受払帳抽出フォーム

商品名、仕入先名、取引先名でデータを抽出するためのフォーム。

図21

図22

図23

★抽出結果

抽出結果はレポート印刷が可能。

★商品別在庫表

商品別の入出庫数と残高を表示するための商品別在庫表。

★検索結果

商品番号10041 SMV-DISKPOEWR CG700GS/500で抽出したところ。

★商品別在庫表印刷イメージ

★在庫一覧表

商品別の在庫が一目で分かる在庫一覧表。
(期首残高+当期入庫数-当期出庫数=期末残高)の形式で一覧表示されます。期末残高×仕入原価で期末商品棚卸高も計算されています。

★在庫一覧表印刷イメージ

★取引先マスター入力フォーム

フリガナ・住所のオートフィル、メールアドレス・URLを開くボタンなど機能がいっぱい。

図24

図25

図26

図27

図28

図29

図30

★取引先一覧表

取引先マスターから作成される一覧表。

★通信文

取引先マスター、取引先一覧表からはメールの送信ができます。その際、件名・定型文・署名を登録しておき、自由に呼び出すことができます。発注・見積りなどをメールで行なっている場合は、書式を登録しておくと便利。仕事の能率が大幅にアップします。

★メールアプリケーションに転記された通信文

メールアドレス・件名・宛名・本文・日付・署名が自動的に転記されています。

★取引先一覧表印刷イメージ

★商品マスター入力フォーム

商品の写真を取り込むことができる商品マスター入力フォーム。

★商品一覧表

商品マスターから作られる一覧表。レコードセレクターを合わせるとその商品の写真が表示されます。

★商品一覧表印刷イメージ

★分類マスター

商品の分類コードと分類名を登録するフォーム。

★分類マスター印刷イメージ

★部門マスター

部門コードと部門名を登録するフォーム。

図31

図32

図33

図34

図35

図36

図37

図38

図39

★部門マスター印刷イメージ

★担当者マスター

担当者コードと担当者名および所属部署を登録するフォーム。

★担当者マスター印刷イメージ

★帳票印刷メニュー

帳票印刷メニューでは帳票レポートを期間抽出して印刷します。

★エキスポート画面

テーブルのデータはエクセルシートにエキスポートできます。ボタンひとつで「Access汎用売上帳」と同じフォルダ内に随時作成されます。仕入販売資料等の作成にお役立てください。

★エキスポートされたファイル

フォルダ内にファイルがエキスポートされたイメージ。

★写真カタログ印刷イメージ

販促・社内教育等に必要な商品カタログをボタンひとつで作成します。

 

★会社情報入力画面

会社の基本情報を登録する画面。
会社ロゴ、決算期等もここで登録します。

図41

図42

図43

図44

図45

図46

図47

図48

※「Access汎用売上帳」ご使用に際しては、Microsoft Access のインストール環境が必要です。
なお、AccessがインストールされていないPCを用いて、当該ソフトを使用するためにのみ、Access環境を利用したい方は、こちらの場所から
「Access Runtime」をダウンロードしてインストールをしてください。
Runtime使用による機能制限、トラブル等には、対応いたしませんのであらかじめご了承ください。

当ソフトをご使用になっての率直なご感想・ご意見を、是非こちらまでお寄せください。

 

======================================
t.quantz@jcom.home.ne.jp
======================================

エクセル工房へ

☆☆☆エクセル・リンクページへ☆☆☆

人事システム、不動産システム、顧客管理システムなら

データベースシステム開発  エクセル工房Inage

 

「Access 汎用売上帳」マニュアル

 

 

Excel 工房 Inage

 

この度は Excel 工房 Inage のフリーウェア・ソフト「Access 汎用売上帳」をダウンロード頂 き 誠にありがとうございました。

「Access 汎用売上帳」は、売上・仕入・在庫を総合的に管理する画期的ソフトです。本ソフトを 有効に使っていただくための説明ならびに注意事項を以下にまとめましたので、ご使用前によ くお読みください。

 

※ファイル解凍後、フォルダごと任意のドライブの任意のフォルダ(MyDocument 等)へコピー します。その後、デスクトップ等にショートカットを貼り付けてご使用ください。

※「Access 汎用売上帳」の中に同梱されているフォルダ「Photos」は、コピーして C:ドライブの直下(Progrm Files、Windows などのフォルダのある場所と同じところ)に貼り付 けて ください。

※Access Runtime をご使用になっているユーザー様は、こちらをご覧ください。

 

<各フォームのボタンの説明>

 

1.「メニュー」フォームのボタンの説明

 

[仕入入庫伝票]・・・「仕入入庫伝票」フォームを表示させます。

[売上出庫伝票]・・・「売上出庫伝票」フォームを表示させます。

[仕入帳]・・・「仕入帳」フォームを表示させます。

[売上帳]・・・「売上帳」フォームを表示させます。

[商品受払帳]・・・「商品受払帳」フォームを表示させます。

[商品別在庫表]・・・「商品別在庫表」フォームを表示させます。

[メール送信]・・・「メール送信」フォームを表示させます。

[商品マスター]・・・「商品マスター」フォームを表示させます。

[取引先マスター]・・・「取引先マスター」フォームを表示させます。

[分類マスター]・・・「分類マスター」フォームを表示させます。

[部署マスター]・・・「部署マスター」フォームを表示させます。

[担当者マスター]・・・「担当者マスター」フォームを表示させます。

[消費税率マスター]・・・「消費税率マスター」フォームを表示させます。

[会社情報]・・・「会社情報」フォームを表示させます。

[商品一覧表]・・・「商品一覧表」フォームを表示させます。

[取引先一覧表]・・・「取引先一覧表」フォームを表示させます。

[在庫一覧表]・・・「在庫一覧表」フォームを表示させます。

[売上値引明細]・・・「売上値引明細書」フォームを表示させます。

[エキスポート]・・・「エキスポート」フォームを表示させます。

[帳票印刷]・・・「帳票印刷」フォームを表示させます。

[終了]・・・「Access 汎用売上帳」を終了させます。

 

2.「仕入入庫伝票」フォームのボタンの説明

 

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[新規登録]・・・入力した新規データをデータベースに書き加えます。

[クリア]・・・フォームをクリアします。

[変更]・・・検索して内容を変更したデータをデータベースに上書き保存します。

[削除]・・・検索したデータをデータベースから削除します。

[検索]・・・入力した伝票番号のデータを表示させます。

[最初へ]・・・最初のデータを表示させます。

[前へ]・・・ひとつ前のデータを表示させます。

[次へ]・・・ひとつ次のデータを表示させます。

[最後へ]・・・最後のデータを表示させます。

[仕入帳]・・・「仕入帳」フォームを表示させます。

[印刷]・・・「仕入伝票」レポートを表示させます。

[戻る]・・・一つ前のフォームへ戻ります。

[ロック・解除]・・・データの登録・変更の可・不可を交代させます。

[在庫一覧]・・・「在庫一覧表」フォームを表示させます。

[売上伝票]・・・売上出庫伝票に画面をスイッチさせます。

[D]・・・ダミー日付 "1900/01/01" を入力します。

[削除](サブフォーム)・・・レコードセレクタで選択したデータを削除します。

[開く](サブフォーム)・・・レコードセレクタで選択したデータを「商品別入出庫一覧表」フォーム に表示します。

※[開く]ボタンの挙動は、レコードセレクタ-のダブルクリックでも同様です。

※新規入力の際は、初めにクリアボタンを押してください。

※「*」印は入力必須項目となります。

※日付テキストボックスの上でダブルクリックすると、入力用のカレンダーフォームが 表示されます。

注)Access2010以降カレンダーフォームは廃止されました。

※仕入入庫明細はいったん仕入入庫伝票データの登録を済ませてからでないと入力が 出来ませんのでご注意ください。

 

3.「売上出庫伝票」フォームのボタンの説明

 

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[新規登録]・・・入力した新規データをデータベースに書き加えます。

[クリア]・・・フォームをクリアします。

[変更]・・・検索して内容を変更したデータをデータベースに上書き保存します。

[削除]・・・検索したデータをデータベースから削除します。

[検索]・・・入力した伝票番号のデータを表示させます。

[最初へ]・・・最初のデータを表示させます。

[前へ]・・・ひとつ前のデータを表示させます。

[次へ]・・・ひとつ次のデータを表示させます。

[最後へ]・・・最後のデータを表示させます。

[売上帳]・・・「売上帳」フォームを表示させます。

[納品請求]・・・「納品書」レポート、「請求書」レポートを表示させます。

[封筒印刷]・・・「長三封筒」印刷用レポートを表示させます。

[窓付便箋]・・・「窓付便箋」印刷用レポートを表示させます。

[印刷]・・・「売上伝票」レポートを表示させます。

[在庫一覧]・・・「在庫一覧表」フォームを表示させます。

[戻る]・・・一つ前のフォームへ戻ります。

[ロック・解除]・・・データの登録・変更の可・不可を交代させます。

[仕入伝票]・・・仕入入庫伝票に画面をスイッチさせます。

[D]・・・ダミー日付 "1900/01/01" を入力します。

[削除](サブフォーム)・・・レコードセレクタで選択したデータを削除します。

[開く](サブフォーム)・・・レコードセレクタで選択したデータを「商品別入出庫一覧表」フォーム に表示します。

※[開く]ボタンの挙動は、レコードセレクタ-のダブルクリックでも同様です。

※新規入力の際は、初めにクリアボタンを押してください。

※「*」印は入力必須項目となります。

※日付テキストボックスの上でダブルクリックすると、入力用のカレンダーフォームが 表示されます。

注)Access2010以降カレンダーフォームは廃止されました。

※売上出庫明細はいったん売上出庫伝票データの登録を済ませてからでないと入力が 出来ませんのでご注意ください。

4.「仕入帳」フォームのボタンの説明

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[開く]・・・レコードセレクタで選択したデータを「仕入入庫伝票」フォームに表示します。

[並べ替え]・・・「並べ替え」フォームを表示させます。

[抽出]・・・「仕入帳抽出」フォームを表示させます。

[印刷]・・・「仕入帳」レポートを表示させます。

[抽出解除]・・・抽出を解除します。

[累積]・・・「累積仕入帳」フォームを表示させます。

[戻る]・・・一つ前のフォームへ戻ります。

※「仕入帳」フォームでは当期のデータが表示されます。

※[開く]ボタンの挙動は、レコードセレクタ-のダブルクリックでも同様です。

 

5.「累積仕入帳」フォームのボタンの説明

 

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[開く]・・・レコードセレクタで選択したデータを「仕入入庫伝票」フォームに表示します。

[並べ替え]・・・「並べ替え」フォームを表示させます。

[抽出]・・・「累積仕入帳抽出」フォームを表示させます。

[印刷]・・・「累積仕入帳」レポートを表示させます。

[抽出解除]・・・抽出を解除します。

[当期]・・・「仕入帳」フォームを表示させます。

※「累積仕入帳」フォームでは過去の全データが表示されます。

※[開く]ボタンの挙動は、レコードセレクタ-のダブルクリックでも同様です。

 

6.「売上帳」フォームのボタンの説明

 

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[開く]・・・レコードセレクタで選択したデータを「売上出庫伝票」フォームに表示します。

[並べ替え]・・・「並べ替え」フォームを表示させます。

[抽出]・・・「売上帳抽出」フォームを表示させます。

[印刷]・・・「売上帳」レポートを表示させます。

[抽出解除]・・・抽出を解除します。

[累積]・・・「累積売上帳」フォームを表示させます。

[戻る]・・・一つ前のフォームへ戻ります。

※「売上帳」フォームでは当期のデータが表示されます。

※[開く]ボタンの挙動は、レコードセレクタ-のダブルクリックでも同様です。

 

7.「累積売上帳」フォームのボタンの説明

 

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[開く]・・・レコードセレクタで選択したデータを「売上出庫伝票」フォームに表示します。

[並べ替え]・・・「並べ替え」フォームを表示させます。

[抽出]・・・「累積売上帳抽出」フォームを表示させます。

[印刷]・・・「累積売上帳」レポートを表示させます。

[抽出解除]・・・抽出を解除します。

[当期]・・・「売上帳」フォームを表示させます。

※「累積売上帳」フォームでは過去の全データが表示されます。

※[開く]ボタンの挙動は、レコードセレクタ-のダブルクリックでも同様です。

 

8.「商品受払帳」フォームのボタンの説明

 

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[開く]・・・レコードセレクタで選択したデータを「仕入入庫伝票」「売上出庫伝票」フォームに表 示します。

[並べ替え]・・・「並べ替え」フォームを表示させます。

[抽出]・・・「抽出」フォームを表示させます。

[印刷]・・・「商品受払帳」レポートを表示させます。

[抽出解除]・・・抽出を解除します。

[累積]・・・「累積商品受払帳」フォームを表示させます。

[戻る]・・・一つ前のフォームへ戻ります。

※「商品受払帳」フォームでは当期のデータが表示されます。

※[開く]ボタンの挙動は、レコードセレクタ-のダブルクリックでも同様です。

 

9.「累積商品受払帳」フォームのボタンの説明

 

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[開く]・・・レコードセレクタで選択したデータを「仕入入庫伝票」「売上出庫伝票」フォームに表 示します。

[並べ替え]・・・「並べ替え」フォームを表示させます。

[抽出]・・・「抽出」フォームを表示させます。

[印刷]・・・「累積商品受払帳」レポートを表示させます。

[抽出解除]・・・抽出を解除します。

[当期]・・・「商品受払帳」フォームを表示させます。

[戻る]・・・一つ前のフォームへ戻ります。

※「累積商品受払帳」フォームでは過去の全データが表示されます。

※[開く]ボタンの挙動は、レコードセレクタ-のダブルクリックでも同様です。

 

10.「商品別入出庫一覧表」フォームのボタンの説明

 

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[開く]・・・レコードセレクタで選択したデータを「仕入入庫伝票」「売上出庫伝票」フォームに表 示します。

[印刷]・・・「商品別在庫表」レポートを表示させます。

[検索]・・・「商品」コンボボックスで選択した商品を検索抽出します。

[検索解除]・・・検索を解除します。

[累積]・・・「累積商品別入出庫一覧表」フォームを表示させます。

[戻る]・・・一つ前のフォームへ戻ります。

※「商品別入出庫一覧表」フォームの検索対象となるのは「当期に動きのあった商品」のみで す。動きのない商品については「在庫一覧表」フォームにて確認して下さい。

※[開く]ボタンの挙動は、レコードセレクタ-のダブルクリックでも同様です。

 

11.「累積商品別入出庫一覧表」フォームのボタンの説明

 

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[開く]・・・レコードセレクタで選択したデータを「仕入入庫伝票」「売上出庫伝票」フォームに表 示します。

[印刷]・・・「商品別在庫表」レポートを表示させます。

[検索]・・・「商品」コンボボックスで選択した商品を検索抽出します。

[検索解除]・・・検索を解除します。

[当期]・・・「商品別入出庫一覧表」フォームを表示させます。

[戻る]・・・一つ前のフォームへ戻ります。

※「累積商品別入出庫一覧表」フォームの検索対象となるのは「過去に動きのあった全デー タ」です。

※[開く]ボタンの挙動は、レコードセレクタ-のダブルクリックでも同様です。

 

12.「取引先マスター」フォームのボタンの説明

 

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[新規登録]・・・入力した新規データをデータベースに書き加えます。

[クリア]・・・フォームをクリアします。

[変更]・・・検索して内容を変更したデータをデータベースに上書き保存します。

[削除]・・・検索したデータをデータベースから削除します。

[検索]・・・入力した取引先コードのデータを表示させます。

[最初へ]・・・最初のデータを表示させます。

[前へ]・・・ひとつ前のデータを表示させます。

[次へ]・・・ひとつ次のデータを表示させます。

[最後へ]・・・最後のデータを表示させます。

[印刷]・・・「取引先マスター」レポートを表示させます。

[掛け率]・・・「掛け率」マスターフォームを表示させます。

[封筒印刷]・・・「長三封筒」印刷用レポートを表示させます。

[窓付便箋]・・・「窓付便箋」印刷用レポートを表示させます。

[一覧表]・・・「取引先一覧表」フォームを表示させます。

[戻る]・・・一つ前のフォームへ戻ります。

[ロック・解除]・・・データの登録・変更の可・不可を交代させます。

[開く](E メール)・・・「通信文」フォームを表示させます。

[開く](URL)・・・登録したホームページを開きます。

※新規入力の際は、初めにクリアボタンを押してください。

※「*」印は入力必須項目となります。

※「掛け率」フォームを開くボタンは「取引先マスター」にあることを覚えておきましょう。

 

13.「商品マスター」フォームのボタンの説明

 

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[新規登録]・・・入力した新規データをデータベースに書き加えます。

[クリア]・・・フォームをクリアします。

[変更]・・・検索して内容を変更したデータをデータベースに上書き保存します。

[削除]・・・検索したデータをデータベースから削除します。

[検索]・・・入力した商品コードのデータを表示させます。

[最初へ]・・・最初のデータを表示させます。

[前へ]・・・ひとつ前のデータを表示させます。

[次へ]・・・ひとつ次のデータを表示させます。

[最後へ]・・・最後のデータを表示させます。

[印刷]・・・「商品マスター」レポートを表示させます。

[一覧表]・・・「商品一覧表」フォームを表示させます。

[写真挿入]・・・「オブジェクトの挿入」フォームを表示させます。

[戻る]・・・一つ前のフォームへ戻ります。

[ロック・解除]・・・データの登録・変更の可・不可を交代させます。

※新規入力の際は、初めにクリアボタンを押してください。

※「*」印は入力必須項目となります。

※新規入力の際は、期末評価額はダミー(例えば¥0)などで記入しておいてください。

 

14.「分類マスター」フォームのボタンの説明

 

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[削除]・・・レコードセレクタで選択したデータを削除します。

[印刷]・・・「分類マスター」レポートを表示させます。

 

15.「部署マスター」フォームのボタンの説明

 

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[削除]・・・レコードセレクタで選択したデータを削除します。

[印刷]・・・「部署マスター」レポートを表示させます。

 

16.「担当者マスター」フォームのボタンの説明

 

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[削除]・・・レコードセレクタで選択したデータを削除します。

[印刷]・・・「担当者マスター」レポートを表示させます。

[全テーブル一括削除]・・・全テーブルを白紙に戻します。

 

17.「消費税率マスター」フォームのボタンの説明

 

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[削除]・・・レコードセレクタで選択したデータを削除します。

 

18.「取引先一覧表」フォームのボタンの説明

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[開く]・・・レコードセレクタで選択したデータを「取引先マスター」フォームに表示します。

[フリガナ順]・・・データをフリガナ順に並べ替えます。

[印刷]・・・「取引先一覧表」レポートを表示します。

[封筒印刷]・・・レコードセレクタで選択したデータの「長三封筒」印刷用レポートを表示させま す。

[窓付便箋]・・・「窓付便箋」印刷用レポートを表示させます。

[マスター]・・・「取引先マスター」フォームを表示させます。

[掛け率]・・・「掛け率」フォームを表示させます。

[戻る]・・・一つ前のフォームへ戻ります。

[MAIL]・・・「通信文」フォームを表示させます。

[URL]・・・登録したホームページを開きます。

※[開く]ボタンの挙動は、レコードセレクタ-のダブルクリックでも同様です。

※「掛け率」フォームを開くボタンは「取引先一覧表」にあることを覚えておきましょう。

※はがきレポート、封筒レポートの郵便番号が、上下または左右にずれる場合は、レポート 上で右クリックし、[ページ設定(U)]で「印刷オプションタブ」の「余白(mm)」の上・左の数値を変 えて微調整をしてください。

 

19.「商品一覧表」フォームのボタンの説明

 

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[開く]・・・レコードセレクタで選択したデータを「商品マスター」フォームに表示します。

[印刷]・・・「商品一覧表」レポートを表示します。

[マスター]・・・「商品マスター」フォームを表示させます。

[戻る]・・・一つ前のフォームへ戻ります。

[ロック・解除]・・・データの登録・変更の可・不可を交代させます。

[在庫一覧]・・・「在庫一覧表」フォームを表示させます。

※[開く]ボタンの挙動は、レコードセレクタ-のダブルクリックでも同様です。

※前期末(期首)商品残高は「商品一覧表」フォームに入力します。

※翌期以降は自動入力となります(「在庫一覧表」フォーム参照)。

 

20.「売上値引明細書」フォームのボタンの説明

 

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[開く]・・・レコードセレクタで選択したデータを「売上出庫伝票」フォームに表示します。

[印刷]・・・「売上値引明細書」レポートを表示させます。

[累積]・・・「累積売上値引明細書」フォームを表示させます。

※[開く]ボタンの挙動は、レコードセレクタ-のダブルクリックでも同様です。

※「売上値引明細書」フォームでは当期のデータが表示されます。

21.「累積売上値引明細書」フォームのボタンの説明

 

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[開く]・・・レコードセレクタで選択したデータを「売上出庫伝票」フォームに表示します。

[印刷]・・・「累積売上値引明細書」レポートを表示させます。

[当期]・・・「売上値引明細書」フォームを表示させます。

※[開く]ボタンの挙動は、レコードセレクタ-のダブルクリックでも同様です。

※「累積売上値引明細書」フォームでは過去の全データが表示されます。

 

22.「在庫一覧表」フォームのボタンの説明

 

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[開く]・・・レコードセレクタで選択したデータを「商品マスター」フォームに表示します。

[印刷]・・・「在庫一覧表」レポートを表示します。

[売上伝票]・・・「売上出庫伝票」フォームを表示させます。

[戻る]・・・一つ前のフォームへ戻ります。

[商品別]・・・「商品別入出庫一覧表」フォームを表示させます。

[繰越]・・・期末在庫を自動的に期首在庫に振り替えます。

[商品一覧]・・・「商品一覧表」フォームを表示させます。

 

23.「帳票印刷」フォームのボタンの説明

 

[仕入帳]・・・「仕入帳」レポートを表示させます。

[売上帳]・・・「売上帳」レポートを表示させます。

[商品受払帳]・・・「商品受払帳」レポートを表示させます。

[仕入伝票]・・・「仕入伝票」レポートを表示させます。

[売上伝票]・・・「売上伝票」レポートを表示させます。

[売上値引明細書]・・・「売上値引明細書」レポートを表示させます。

[入出庫集計表]・・・「入出庫集計表」レポートを表示させます。

[商品マスター]・・・「商品マスター」レポートを表示させます。

[取引先マスター]・・・「取引先マスター」レポートを表示させます。

[分類マスター]・・・「分類マスター」レポートを表示させます。

[部署マスター]・・・「部署マスター」レポートを表示させます。

[担当者マスター]・・・「担当者マスター」レポートを表示させます。

[掛け率マスター]・・・「掛け率マスター」レポートを表示させます。

[通信文マスター]・・・「通信文マスター」レポートを表示させます。

[商品一覧表]・・・「商品一覧表」レポートを表示させます。

[取引先一覧表]・・・「取引先一覧表」レポートを表示させます。

[商品カタログ]・・・「商品カタログ」レポートを表示させます。

[メニューへ]・・・メニューフォームに戻ります。

※「帳票印刷」フォームではデータの期間抽出印刷を行ないます。 自由に期間を設定して印刷してください。

※日付テキストボックスの上でダブルクリックすると、入力用のカレンダーフォームが 表示されます。

注)Access2010以降カレンダーフォームは廃止されました。

 

24.「会社情報」フォームのボタンの説明

 

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[ロゴ挿入]・・・「オブジェクトの挿入」フォームを表示させます。

[全テーブル一括削除]・・・「全テーブル削除」フォームを表示させます。

[エクスポート]・・・「エクスポート」フォームを表示させます。

[インポート]・・・「インポート」フォームを表示させます。

[一括エクスポート]・・・テーブルデータを一括エクスポートさせます。

[一括インポート]・・・テーブルデータを一括インポートさせます。

25.「掛け率」フォームのボタンの説明

[閉じる]・・・「掛け率」フォームを閉じます。

[削除]・・・レコードセレクタで選択したデータを削除します。

[印刷]・・・「掛け率」レポートを表示させます。

[ロック・解除]・・・データの登録・変更の可・不可を交代させます。

 

26.「メール送信」フォームのボタンの説明

 

[閉じる]・・・「通信文」フォームを閉じます。

[新規登録]・・・入力した新規データをデータベースに書き加えます。

[クリア]・・・フォームをクリアします。

[変更]・・・検索して内容を変更したデータをデータベースに上書き保存します。

[削除]・・・検索したデータをデータベースから削除します。

[最初へ]・・・最初のデータを表示させます。

[前へ]・・・ひとつ前のデータを表示させます。

[次へ]・・・ひとつ次のデータを表示させます。

[最後へ]・・・最後のデータを表示させます。

[送信]・・・メールを送信します。

[戻る]・・・一つ前のフォームへ戻ります。

 

27.「支払予定表」フォームのボタンの説明

 

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[開く]・・・レコードセレクタで選択したデータを「仕入入庫伝票」フォームに表示します。

[並べ替え]・・・「並べ替え」フォームを表示させます。

[抽出]・・・「支払予定表抽出」フォームを表示させます。

[印刷]・・・「支払予定表」レポートを表示させます。

[抽出解除]・・・抽出を解除します。

[戻る]・・・一つ前のフォームへ戻ります。

[印刷]・・・「支払予定一覧表印刷」フォームを表示させます。

※[開く]ボタンの挙動は、レコードセレクタ-のダブルクリックでも同様です。

 

28.「入金予定表」フォームのボタンの説明

 

[メニュー]・・・メニューフォームに戻ります。

[開く]・・・レコードセレクタで選択したデータを「売上出庫伝票」フォームに表示します。

[並べ替え]・・・「並べ替え」フォームを表示させます。

[抽出]・・・「入金予定表抽出」フォームを表示させます。

[印刷]・・・「入金予定表」レポートを表示させます。

[抽出解除]・・・抽出を解除します。

[戻る]・・・一つ前のフォームへ戻ります。

[印刷]・・・「入金予定一覧表印刷」フォームを表示させます。

※[開く]ボタンの挙動は、レコードセレクタ-のダブルクリックでも同様です。

 

<アプリケーションの特徴・概要および使用法について>

1.特徴・概要

①「Access 汎用売上帳」は仕入、売上、在庫を一括管理するソフトです。

②分かり易いボタン処理で快適な作業環境と直感的なインターフェイスを実現しました。

③帳票の並べ替え、検索抽出によって過去のデータがすばやく閲覧可能です。 また並べ替え・検索結果の印刷も思いのまま。

④各帳票のレポートは勿論のこと、納品書・請求書と、それらを送付するための封筒まで 印刷できます。

⑤受注時の在庫確認がリアルタイムで瞬時にできます。

⑥見やすいレポートで業務報告も万全。

⑦商品の写真カタログも印刷できますので営業に便利です。

⑧テーブルデータはボタンひとつでエクセルファイルにエキスポートが可能、売上分析に 役立てることができます。 インターフェイスはエクセル工房 Inage ならではの使いよさ。マニュアルなしですぐに使いこ なせます。「Access 汎用売上帳」はこれまでのどのアクセスソフトよりも使いやすい理想的な売 上帳です。

 

2.使用法 ダミーデータを下記の順序で削除した後ご使用ください。

①メニューの「会社情報」ボタンで「会社情報」フォームを開きます。

②「全テーブルデータ一括削除」ボタンをクリックします。

③表示されたフォームにパスワードを入力し「実行」ボタンを押します。

④メッセージにしたがって削除を行ないます。

※パスワードは次の通りです。

tcq37mlch3027

削除完了後はいったんデータベースを閉じてください(メニューに戻します)。

⑤本番のデータの入力は次の順序で行なってください。

(1)「会社情報」フォームを最初に入力します(決算期の設定は必ず行なってください)。

※決算期は月次・年次を選ぶことが出来ます。いずれかにチェックを入れてください。

PDF フォルダパスは「c:\Photos\PDF\」画像フォルダパスは 「c:\Photos\Merchandise\」と入力してください。

(2)「分類マスター」「部署マスター」各フォームを入力します。

(3)「商品マスター」「担当者マスター」「取引先マスター」「掛け率」各フォームを入力しま す。

(4)「商品一覧表」フォームの期首残高を入力します。

※商品の期首残高を全てゼロ個とし、期首残高を第一期の入庫として合計で記録す ることも可能です。 以上が入力されてはじめて伝票データ(仕入入庫伝票及び売上出庫伝票)を登録するこ とが出来ます。

※データのインポートについては、オンラインマニュアル「★データのエクスポートとインポー ト」 を参照してください。

「会社情報」の「ブラウザコード」へは、 https://www.google.com/maps/place/ と入力してください。

 

3.繰り越しの手順

 

年に一度(月に一度)、各帳票の印刷を終えた後、下記の手順で年次(月次)繰り越しを行 なってください。なお、繰り越しの 直前で必ずファイルのバックアップを取ってください。

 

①「在庫一覧表」フォームを開きます。

②「繰越」ボタンを押し、メッセージに従って期末在庫を期首在庫に振り替え、会計期を変更 します。

③アプリケーションを終了させて新たに開きます。

※ファイルは、繰り越し直前の状態で必ずバックアップ願います。

 

<コードの入力形式について>

各コードの入力形式は次の通りです。それぞれの規則に従って決定してください。

①伝票番号・・・テキスト型半角最大20文字(アルファベットが併用可能です)

※「仕入入庫伝票」と「売上出庫伝票」で、コードの重複は許されませんのでお気をつけくださ い。 それぞれの前に「s」「u」などの頭文字を、付けることをお勧めします。また、数字はあらかじ め桁数を統一しておくと、帳票類が、大変見やすくなると思います。

※「仕入入庫伝票」と「売上出庫伝票」のアルファベット頭文字は「会社情報」フォームで指定 できます。 頭文字は伝票入力の際に、自動入力されます。

②明細番号・・・オートナンバー(機械が自動的に入力します) ※帳票類においては非表示としています。

③商品コード・・・テキスト型半角最大50文字(アルファベットが併用可能です)

④担当者コード・・・数値型長整数型

⑤取引先コード・・・数値型長整数型

⑥部署コード・・・数値型長整数型

⑦分類コード・・・数値型長整数型

※「数値型長整数型」では「0000001」は「1」と表示されてしまいますので注意しましょう。 桁数を揃える場合は「1000001」などを初期値としてください。

 

4.コンボボックスの表示順を変更したいとき

 

仕入入庫伝票・売上出庫伝票の取引先・担当者・商品のコンボボックスはコード順で 表示されるようになっておりますが、これを五十音順その他に変更することも可能です。

方法は以下の通りです。

①メニュー画面の「Access 汎用売上帳」の文字の上でダブルクリックしてください。

②[データベースウィンドウの表示(D)]と[全てのメニューを表示する(U)]にチェックを付けてく ださい。

③[OK]を押していったん「Access 汎用売上帳」を終了させます。

④閉じた「Access 汎用売上帳」を再び開きます。

⑤ツールバーの[ウィンドウ(W)]-[再表示(U)]で「ウィンドウの再表示」ウィンドウを表示させ [OK]ボタンを押します。

⑥データベースウィンドウが表示されますので左上の[クエリ]をクリックします。

⑦「Q 掛け率」・・・と全てのテーブルが表示されると思います。

⑧「Q 取引先マスターコンボ」をダブルクリックして開きます。

⑨左上の三角定規のアイコンをクリックしてデザインビューにします。

⑩[並べ替え]を行ないたいフィールドに[昇順][降順]を記入します

⑪「Q 商品マスターコンボ」・「Q 担当者マスターコンボ」も同様です。

⑫終わったら再びメニュー画面の「Access 汎用売上帳」の文字の上でダブルクリックしてく ださい。

⑬[データベースウィンドウの表示(D)]と[全てのメニューを表示する(U)]のチェックを外してく ださい。

⑭OK を押していったん「Access 汎用売上帳」を終了させます。

 

5.バックアップについて データ保全のため、ファイルのバックアップは定期的にとってください。

※アクセスファイルのバックアップは、ファイルをそのままコピーするだけです。 バックアップは、CD、DVD、USB メモリーなど、外部のメディアに取るのがより安全です。 終了時の「自動バックアップ機能」をお使いになった場合は、ファイルと同一フォルダ内に 「本日日付」のファイルコピーが作られます。

 

※「Access 汎用売上帳」ご使用に際しては、Microsoft Access のインストール環境が必要で す。なお、Access がインストールされていない PC を用いて、当該ソフトを使用するためにの み、Access 環境を利用したい方は、こちらの場所から「Access Runtime」をダウンロードしてイ ンストールをしてください。Runtime 使用による機能制限、トラブル等には、対応いたしません のであらかじめご了承ください。